直線上に配置

自由民主党謹製
ホワイトハウス御用達

食べやすくおいしい毒饅頭

目的は憲法第9条2項殺し(軍隊保持と交戦権の復活)

★ 投票所に現れる投票用紙の様式を「自民党憲法」を例に揚げてみます。

直線上に配置

日本国憲法改正国民投票 

◎注意

一、憲法改正の提案に賛成の人は、次の憲法改正案の上の欄にの記号を書くこと。

二、憲法改正の提案に反対の人は、次の憲法改正案の上の欄に×の記号を書くこと。

三、○又は×の記号のほかは何も書かないこと。                                          


○又は×の記号を書く欄 憲法改正案

(個人情報の保護等) 何人も、自己に関する情報を不当に取得され、保有され、又は利用されない。 A通信の秘密は、侵してはならない。

(犯罪被害者の権利)犯罪被害者は、その尊厳にふさわしい処遇を受ける権利を有する。

【解説】環境保全の義務は、現行憲法二十五条(生存権、国の生存権保障義務)にすでに含まれます。これも改憲の必要は全くありません。改正案の目的は、環境派を、改憲派にするためです。このように、改正案には、鯛を釣るためのおいしそうなエビがたくさん盛り込まれています。

○又は×の記号を書く欄 憲法改正案

安全保障
(平和主義)日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 


【解説】自民党改憲案9条1項には、平和派を改憲派にするためのだましがあります。条文が変わらないので、項目名の表現だけを、戦争放棄から平和主義に変えただけのように見えます。ところがどっこい、これが危ない。現行憲法第二章の小見出しは、「第二章 戦争の放棄」。自民党改憲案は「第二章 安全保障」です。戦争を放棄しないのです。某国が、ミサイルを発射した、安全が脅かされた・自衛のためといって戦争ができるのです。改憲案の9条1項は、平和主義者を「安心」させ、平和憲法9条2項を変えるための「極上のエビ」なんです。このエビで鯛を釣ろうとしているのです。だから、9条1項は最悪の毒饅頭です

○又は×の記号を書く欄 憲法改正案

 (自衛軍)わが国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するために、内閣総理大臣を最高指揮者とする自衛軍を保持する。
A自衛軍は、前項の規定による任務を遂行するための活動を行なうにつき、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
B自衛軍は法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行なわれる活動及び緊急事態における公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行なうことができる。
C第2項に定めるもののほか、自衛軍の組織及び統制に関する事項は、法律で定める。


【解説】鯛は、もちろん9条2項です9条2項は、平和憲法の心臓です。この心臓にとどめを刺し、おいしそうに見える饅頭で毒殺しようとしているのです。そのためには、自民党・改憲派は、どんな権利も認めます。
「わが国の平和と安全を確保」するために「自衛軍」は必要だ、と自民党・改憲派は言います。
 いったい、どこの国が攻めてきますか。北朝鮮ですか?。ソ連が崩壊するまでは、「ソ連が攻めてくる脅威論」でした。次は、「北朝鮮がミサイル発射脅威論」ですか。「脅威」は、軍事力を強化するためにつくられるのです。しかし、「(軍隊がなくて)、もし戦争になった場合、家族、恋人、友人が、殺されるのを黙って見ているんですか」、と言う人もいるでしょう。残念です。戦争で自分の愛する人を守ることはできません。
 イラク戦争でも、日本が行なった先の戦争でも、愛する人を守るのではなく逆に失ってきたのではないでしょうか。軍隊は国民を守る≠ニいうのは戦争屋のだましです。
「国際社会の平和と安全を確保」するために、「自衛軍」は必要だ、と自民党・改憲派は言います。
 この
「国際社会」というのは、「アメリカ同盟群の社会」です。「自衛軍」は米衛隊になります。アメリカと心中≠誓い合ったと勝手に思い込んでいる政府・自民党は、アメリカの要請にこたえて、アラビア海での米艦隊への給油活動、イラクへの自衛隊派遣、そして今度は9条の改憲です。

○又は×の記号を書く欄 憲法改正案

(改正) @この憲法の改正は、衆議院又は参議院の発議に基づき、各議員の総議員の過半数の賛成で国会が決議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票において、その過半数の賛成を必要とする。


【解説】現憲法では、各議院の3分の2の賛成がなければ憲法改正の決議は成立しません。これが2分の1(過半数)になれば、いつでも国民投票にかけることができます。今回、9条2項の改正案が否決されても、つくられた脅威におびえる国民の、熱狂・興奮・感動の頃合いを見て何度でも憲法改正案を提出できます。

あ〜あ簡単、憲法改悪!  

憲法改正国民投票は毒饅頭である。

毒まんじゅうチラシPDF
(おもて)   (う ら)


トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置