7月4日のWORLD PEACE NOW主催の
集会・パレードへの弾圧に抗議します
 7月4日(日)のWORLD PEACE NOW主催の集会後のピースパレードで、3名が逮捕されました。その後、この3名は7月15日に釈放されました。実行委員会の抗議声明に、全国の473もの市民団体が賛同したことが釈放につながったのだと思います。
 この集会とパレードには、私たち厭戦庶民の会も参加しました。
 私たちは、この不当な逮捕に怒っています。そして、逮捕に抗議します。
 事前にきちんと手続きをし、決まりを守ってのパレードで、なぜ逮捕されなくてはいけないのですか。
 権力者に逆らう者、反対する者への見せしめの弾圧は、まるで戦時中そのものです。言論・表現の自由や多種多様な考え方があっての民主主義ではないのですか。これでは、私たちは安心して生活することができません。私たちは、このような弾圧を決して許せません。
 今まで10回以上行われてきたWORLD PEACE NOW主催の集会・パレードで初めて逮捕者が出ました。
 市民運動が力を合わせ、イラクへの侵略戦争の前から、何度も何度も大きな集会・パレードを成功させてきました。この弾圧は、権力者が私たちの行動の影響力に脅威を感じ、危機感を持っていることのあらわれではないでしょう
か。 
 この逮捕に、多くの市民団体が「声明への賛同」という形で抗議の声をあげました。私たちには多くの仲間がいると、勇気づけられます。
 私たちは、このような弾圧に怯まず、怖れることなく、これからも「戦争はいやだ!!」とあらゆる方法で表現しつづけましょう。これからが、私たち厭戦庶民の活躍の出番です。
 


 2004.7.17
戦争屋にだまされない厭戦庶民の会 事務局


トップページヘ戻る